2018年セカンドパソコンおすすめ機種はこれだ!~低価格5万円以下で探す~

目安時間:約 20分

今回はセカンドパソコンについての購入方法について解説します。

 

セカンドパソコンとは?

メインではなく、あくまでもセカンドパソコン(2台目)として使うことを目的としたパソコンです。

 

 

つまり自宅にいつも使っているパソコンがあって

でも外出するときにちょこっと作業したい!

そんなときにおすすめの一台をご紹介します。

 

管理人ユキ
持ち出すことを前提としています!

出張や旅行!ちょっとした外出に使いたいね。

ノートパソコンの選び方とはちょっと変わるから

しっかりチェックしてね。

 

すぐにセカンドパソコンのおすすめベスト3を見た方はこちら

 

セカンドパソコンを購入する目的は?

家にパソコンがあるならセカンドパソコンは必要?

そう思うかもしれません。

 

今回は「外出先で使うパソコン」です。

使い方としては・・・

 

  • 外出先でインターネットを見たり、ブログの更新を行いたい
  • 外出先でメールをチェックしたい
  • 外出先でちょっとした資料(見積、レポート、文書)を修正したい
  • 出張や旅行に持って行きたい

 

このような状況で重宝する一台をご紹介します。

本格的な作業は家にあるパソコンで!ということを前提にしていますので

スペックも家パソコンとはちょっと違ってきますよ。

 

セカンドパソコンの必要スペックはこれ!ココを重視する

セカンドパソコンは毎日使うことを前提としていません。

ですからスペックもそれほど高くないもの。

 

そして、重視するのは価格です。

 

あまり使わないパソコンに沢山お金を掛ける必要は無いのです。

メインのパソコンはそれなりにお金をかけて

セカンドパソコンは安価なものを選択するのがベスト。

 

メールチェックや、Office関連のソフトを使うならこのスペックがあれば安心です。

CPU Atom x5-Z8350(Cherry Trail)
1.44GHz/4コア
メモリ4GB
ストレージ容量eMMC:64GB
OSメインパソコンと同じものが良い
液晶10.1インチ以下
重量1㎏以下

 

管理人ユキ
スペックについて一つずつ説明するよ

 

CPU:Atomとはインテル社製で、モバイルパソコン用に開発された省電力CPUです。モバイル用の「Coreプロセッサー」が性能が上になりますが、インターネット・メールや、書類の修正などの作業はAtomの性能で十分です。

 

メモリ:パソコンの動作速度を考えると最低4GBはあった方が良い

 

ストレージ容量:作業中のファイル以外は基本的に外部メディア(USBメモリなど)に保存するという使い方がいいので容量は少なくてOK

 

OS:アプリやファイルの互換性を考えて、自宅がMacならiOS。windowsなら、同じwindowsを選ぶのが良い。

 

液晶サイズ:10.1インチ以下がおすすめなのはOfficeを購入しなくて良いからです。その分金額が安く抑えられます。

(液晶については後で詳しく書いているのでそちらを参照)

そして10.1インチ以下はパソコンサイズが小さいのでカバンに入れて持ち運びやすいサイズです。

 

重量:持ち運びを前提している為なるべく軽い方がいい!1kg以下が理想

 

そして価格は5万円以下で探すのが良いでしょう。

 

Officeアプリを無料で使おう(Office Mobile)

セカンドパソコンの液晶サイズを10.1インチ以下に抑える理由は、ディスプレイが10.1インチ以下だとMicrosoftのモバイル用Office(OfficeMobile)が無料で使えるからです!

 

【Office Mobileを使う為の条件】

  1. 10.1インチ以下の液晶であること
  2. マイクロソフトアカウントを取得すること

 

この2点。

※注意点※無料のマイクロソフトアカウントで利用できるのは、基本的な編集機能に限定されます。

詳しくはこちらのMicrosoft公式サイトにある「Office Mobile」のページで確認

 

Officeアプリの有り、無しで当然パソコンの金額が変わります。

価格を抑えるなら、なるべく無料で使用できるようにしたいですね。

また、セカンドパソコンなのでOfficeも無料で使える機能で十分ですよ。

 

 

持ち運びできるパソコンの種類は2つ。

持ち運びできるパソコンは、2種類あります。

昔からある『ノートパソコン』と、最近聞くようになった『タブレットPC』です。

タブレットPCはいわゆるパソコンと言うよりは「タブレット」です。

 

タブレットPCは「タブレットをパソコンのように使う!」と考えてください。

『ノートパソコン』『タブレットPC』は同じことが出来るので、その線引きが難しいですが、わかりやすくまとめてみました。

 

種類 OS キーボード有無 ディスプレイ
ノートパソコン windows10

有り

画面タッチで操作できない

タブレットPC

Windows10

Android

無し

キーボード取付可能

タッチパネル式

(画面タッチで操作ができる)

 

10.1インチのパソコンは、ほとんどタブレットPCになります。

 

『タブレットPC』には、『ノートパソコン』の機能を持った2in1PCというタイプがあります!

「2in1PC」にもタイプがあり、そのタイプは2つ。

 

2in1PCのタイプ

★コンバーチブルタイプ

「コンバーチブル型」は液晶部分とキーボードが分離しない2in1PCです。

ヒンジ部分(ディスプレイとキーボードのつなぎ目)が360度回転できるので、通常のノートパソコンのような見開きはもちろん、キーボードを360度折り返せばタブレットとしても利用できます。

メリット

 ディスプレイを好きな角度で開くことができる。

タブレットとしても使用できる。

デメリット  キーボードを360度折り返してタブレット型にすると

セパレートタイプより重量が重い。

 

★セパレートタイプ

セパレート型は液晶部分とキーボード部分が分離する2in1PCです。

つまりキーボードを取り外すとタブレットとして利用できます。

メリット  ディスプレイとキーボードが分離できるので軽量のタブレットとして使用できる。
デメリット  取り外したキーボードの置き場所に困る

 

『使用するならどんなタイプがいい?』

と、悩まれるかもしれません。

 

外出先で使うということが前提なので、用途に合わせて軽くなるほうがいいでしょう。

私のオススメはタブレットとして使用する時に軽い、『セパレートタイプ』がおすすめ。

 

 

外出先でインターネットへ接続する場合はどうすればいいの?

通常、家にいるときはWi-Fiを使用してインターネットを行いますが、外出するとインターネットに接続できなくなります。

インターネットに接続するためには、パソコンにLTEの機能が必要になります。

 

その機能を搭載しているのが、LTEモデルと呼ばれるものです。

 

LTEと言うインターネットの回線はスマホが外でインターネットに接続する時と同じ回線です。

格安スマホや、携帯電話の会社が販売している「SIMカード」を購入して装着することで、ノートパソコン・タブレットがどこでもインターネットに接続することが出来るようになります。

 

最近は『格安SIMカード』が販売されているので搭載しているほうがいいかも!

と思うでしょうが、LTEモデルを選択するとパソコンの価格が1万円ほどUPするので金額を抑えるためにLTEは無しを選択した方がいいでしょう。

 

外出時にインターネットをしたい方はスマホのテザリング機能を使用しましょう。

 

小さいパソコンだからこそチェックしてほしいポイント!

こちらで紹介しているセカンドパソコンは画面が小さく、軽くて持ち運びが便利な商品です。

 

そこで是非、確認してもらいたいのがキーボード

 

何故か?と言うと、『画面が小さい=キーボードも小さい』からです。

そして軽さを重視しているパソコンなので、キーボードが薄くなります。

 

つまり、キーボードのキーストローク(キーを押したときの沈み込む深さのこと)が、デスクトップパソコンや15インチのノートパソコンと違い、すごく浅くなっているのです。

キーの沈み込みが浅いとキーを押した感覚が薄く、タイピングミスをしやすいという点があるので、出来ればキーの沈み込みが深いものがおすすめ

 

サイズが10.1インチのパソコンであれば「1mm」以上のキーの沈み込みがあるほうがいいです

デスクトップパソコンからパソコンを触りはじめ、長年パソコンを使用して来た方は深いキーボードに慣れているので、キーは沈み込むものが使いやすいでしょう。

ですがスマホを良く使い、スマホの平なキー操作に慣れている方はあまり気にしなくていいかもしれません。

 

 

キーボードのキーストロークについては、ほとんどの場合、メーカーの機種紹介ページのところに書かれています。

 

管理人ユキ
以上のことを踏まえて

選んだパソコンはここから!

 

 

おすすめセカンドパソコンベスト3!

管理人ユキ
ノートパソコン、タブレットPC

両方のおすすめをご紹介します。

※Atomは生産が終了しているので、安いノートパソコンを購入するなら今ですよ。

 

格安2in1パソコン

Lenovo Ideapad Miix 320  80XF0007JP
  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • セパレートタイプ、自立型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:Office Mobile 
  • 重量:約1.02kg
  • バッテリー稼働時間:約11.3時間
メーカー 型番 金額 おすすめ度
 Lenovo 80XF0007JP ¥ 39,100 ★★★★★

我が家で主人がセカンドPCと使用しているパソコン。

Word、Excel、インターネット、メールをやるには十分のスペックで、使い心地はとても良くておすすめ。

重量が約1kgと軽く、バッテリー稼働時間も長いので長時間の外出時に使用しても便利に使えます。2017年モデルなので金額も超お手頃で魅力的な一台。

バッテリー稼働時間、重量、金額で見るとこの機種がイチオシ!

購入はこちら

 

レビューはこちら

 

ASUS ベーシック2in1ノートブック TransBook グレー T102HA-128S
  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • セパレートタイプ、スタンド型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:128GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:Office Mobile + Office365サービス
  • 重量:約790g
  • バッテリー稼働時間:約12.5時間
メーカー 型番 金額 おすすめ度
 ASUS T102HA-128S ¥ 50,800 ★★★★

こちらもWord、Excel、インターネット、メールなどを行うための十分なスペックを搭載。

重量が1kgを切るパソコンで持ち運び楽々!バッテリー稼働時間も長く、ストレージも128GBと10.1インチの中では容量が大きいので、アプリを沢山いれたいかたにおすすめ。

バッテリー稼働時間、重量でみると一番ですが、金額的に1位にはかなわないので2位

 

レビューはこちら

 

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • コンバーチブルタイプ、自立型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:Office Mobile + Office365サービス
  • 重量:タブレット本体:約596g、キーボード装着時:約1.07kg
  • バッテリー稼働時間:10.5時間
メーカー 型番 金額 おすすめ度
hp HP x2 10-p000 ★★★

Word、Excel、インターネット、メールをやるには十分のスペック!

こちらはコンバーチブルタイプですが実はキーボードが取り外せ、セパレートにもなる優れもの。

2in1PCはディスプレイにスタンドが付いているタイプが多いですが、スタンドが面倒な方におすすめ。

重量、バッテリー稼働時間、金額でみるとこちらは3位となりました。

 

 

購入はこちら

 

レビューはこちら

 

管理人ユキ
どちらの機種もキーボードが

しっかりしているタイプなのでおすすめです。

 

残念ながら、インテルから出ているAtomが生産終了になりやすい機種が無くなりつつあります。
メーカーのパソコンで5万円以下で購入できるのはいまだけ!かもしれません。

 

格安タブレットPC

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • セパレートタイプ、スタンド型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:office無し
  • 重量:タブレット本体:約590g、キーボード装着時:約930g
  • バッテリー稼働時間:約6.6時間
販売店 型番 金額 おすすめ度
ドスパラ DG-D10IW3SLi ★★★★

格安のタブレットPC!液晶保護シールは最初から張り付け済みです。

タブレットはノートパソコンと違い、バッテリー稼働時間が短いので長時間使用しない方におすすめ。

キーボード装着時でも重量が1kg以下と軽く。タブレット単体でも使用できるので用途に合わせて使い分けができます

購入はこちら

 

  • OS:Windows 10 Home 32ビット版
  • 液晶サイズ:10.1インチ
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB(eMMC)
  • メモリ容量:2GB
  • 統合ソフト:Office Mobile プラス Office 365 サービス
  • 重量:タブレット本体:約593g、キーボード装着時:約916g
  • バッテリー稼働時間:約8.2時間
販売店 型番 金額 おすすめ度
 マウス

MT-WN1003

¥ 42,984(税込) ★★

windows10が32ビット、メモリが2GBとなっているので、ビジネス用には向かないでしょう。

ファイル作成はせず、インターネットやメールの確認などを行う方におすすめの一台です。

タブレット単体で使用できるので、使用用途は広がります。

マウスは国内生産、365日24時間の安心の電話サポートなのでおすすめのメーカー。

 

購入はこちら

管理人ユキ
タブレットPCは価格が安いものが

多いので、購入しやすいですよ。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ