写真印刷おすすめは?プリンターvsネット印刷を比べてみた

目安時間:約 4分

今回は、写真を印刷する場合プリンターとネットプリントって結局どれがお得なのか?

を実際に比較してみることにしました!

プリンターを購入しようか迷っている方は参考にしてください。

 

写真を印刷したい場合どうすればいいの?

写真を印刷しようとしたときにどうしていますか?

コンビニで印刷しますか?

自宅で印刷しますか?

 

写真を印刷する方法は主に4つあります。

  • 自宅のプリンターで印刷
  • コンビニのコピー機で印刷
  • ネットプリントで印刷
  • 写真屋さんで印刷

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので一概にどの印刷がおすすめ!ということができません。

じゃあどの印刷が一番メリットがあるのか?どの印刷がデメリットが多いのか?を

考えていきたいと思います。

 

プリンターのメリット・デメリット

プリンターのメリットは自宅で印刷できるので、自分の好きな時に印刷出来ることです。

また、印刷の補正・調整がその場ででき、やり直しも何度でも出来るので自分の求めている印刷ができることです。

 

デメリット

  • プリンターのコストがかかる(プリンター本体代、インク代)
  • 印刷する時間がかかる

この二つですね。

 

良く印刷される方、時間が無い方は自分が好きな時に印刷できるのでこちらがおすすめです。

ですが、プリンターはたくさん印刷すると定期交換消耗品を修理依頼で交換しなくてはいけなくなるので

購入後も何かと費用がかかります。

 

その他にもインクや用紙も自分で用意しないとけないです。

 

また、逆にあまり印刷しないとインクが固まり目詰まりを起こすので定期的にメンテナンスが必要になります。

 

ネットプリントのメリット・デメリット

ネットプリントの

メリット

  • 金額が安い
  • 自宅のプリンターより綺麗に印刷できる

 

デメリット

  • 写真が手元に来るまでに時間がかかる
  • 印刷するたびにコストがかかる

 

ネットプリントはコストも安いのでたくさん写真を印刷したい方におすすめ。

ですが届くまでに時間がかかり、書類の印刷はお願いできないので写真はネットプリント、

書類はコンビニプリントなどと使い分ける必要があります。

 

プリンターとネットプリントのコストを比較

色々な印刷方法のコストを比較してみました。

印刷方法プリンター
ネットプリント
写真屋さんコンビニプリント
EPSON
EP-713A
しまうまプリント
カメラのキタムラローソン・ファミリーマート・ポプラグループの共通のコンビニプリント
コスト本体 20,350円(税込)
インク6色パック5,764円(税込)
L版用紙
100枚1,037円
200枚1,551円
400枚2,085円
EPSONサイト記載のインク・用紙合計コスト約29.5円(L判・写真用紙 <光沢> )税抜
1枚7円(税抜)~
別途送料あり
メール便110円(税込)
宅配便660円(税込)
お店注文:
1枚40円(税込)
ネット注文:
1枚31円(税込)
1枚30円(税込)
100枚印刷時のコスト9,009円
(プリンター本体代金+インク・用紙コスト)
770円(メール便使用・100枚なので送料無料)ネット注文
3,100円
お店注文
4,000円
3,000円
500枚印刷時のコスト21,989円
(プリンター本体代金+インク・用紙コスト)
3,850円(メール便使用・100枚なので送料無料)ネット注文
15,500円
お店注文
20,000円
15,000円
メリット・家で印刷できるので好きな時に印刷できる・コストが安い
・綺麗に印刷できる
・注文は自宅でできるので好きな時にできる
・綺麗に印刷できる
・比較的安いコストで印刷できる
・注文したその日で印刷し、受け取れる
・綺麗に印刷できる
・比較的安いコストで印刷できる
・印刷したい日に印刷でき、受け取れる
・コンビニなので好きな時間で利用できる
デメリット・コストが高い・注文した日から届くまでに時間がかかる・写真屋さんに行かないといけない
・写真屋さんが開店している時間しか受け取れない
・コンビニに行かないといけない
備考インクはL版を印刷した場合の印刷枚数がわからないので、コストはEPSONホームページ記載のコスト金額で計算しました。ネットプリントはたくさんありますが、管理人が利用したことがあるところを選びました。全国チェーンでどこにでもある写真屋とのことで選びました。セブンイレブンはL版1枚40円と若干金額が他コンビニより高いため、安い金額のコンビニを選びました。

※プリンターはSDカードを直接プリンターに差して印刷できる機能を持ち

比較的安いもので機種を選んでいます。

まとめ

いかがでしたか?私は今まで写真専用の小さいプリンターを購入して印刷していましたが

定期交換消耗品がかかり、修理に出す金額や、修理に出している間は使えなかったりと不便を感じていました。

 

今回は客観的にコストを一覧にして金額を出すことで

客観的にどれがお得かわかりました。

改めてネットプリントってすごく安い!

今回ご紹介したネットプリントの「しまうまプリント」は私が年賀状プリントで

利用しているプリント屋さんなので印刷品質は良いですよ。

 

皆さんも参考に、どの印刷方法がお得なのか参考にしていただければと思います。

 

安くておすすめプリンターを購入したい!プリンタ選びの注意点

目安時間:約 12分

写真や文書を自宅で印刷したい!それをかなえてくれるのがプリンターです。

 

家庭で使用するときに使うプリンターはどんなものを購入すればいいの?

パソコンよりは、使用頻度の少ないプリンターはなるべく安いものを購入したい。

 

そんなあなたにおすすめのプリンターをご紹介します。

 

印刷をしたい!プリンターを購入するべき人は?

文書を印刷したい、写真を印刷したいと思ったときに必要になるのがプリンターです。

家庭で印刷すれば手軽にいつでも印刷できるので便利です。

 

ですが最近は家庭以外にもコンビニやインターネット印刷といった印刷方法もあり

家庭にプリンターができなくても不便を感じることはありません。

 

では、どんな人が家庭用プリンターを購入すればいいでしょう?

実はあまり印刷をしない方はプリンターの購入はおすすめできません。

 

プリンターは定期的に使わないとインクが固まり目詰まりを起こしてしまいます。

つまり頻繁に印刷するか、定期的にメンテナンスをしないと使えなくなってしまうのです。

 

だからこそ、月に1度プリンターを使わない方はプリンターの購入はおすすめしません!

年に数回しか印刷しないのなら、コンビニでの印刷がおすすめ。

年に一度の暑中見舞いや、年賀状を印刷したい方はネット印刷のほうがデザイン豊富で、簡単にはがきが作成できるのでおすすめです。

 

プリンタを購入する方は月に一度以上印刷する人です。

おすすめのプリンター

使用方法月に一度も印刷しない人月に一度印刷する人
もしくは、
印刷枚数月50枚未満
週に一度印刷する人
もしくは、
印刷枚数月50枚以上
おすすめプリンタープリンター購入をおすすめできません。低価格プリンターインクコストが安いプリンター

頻繁に印刷しない方(月に一度)くらいの方はインクのコストを気にせずに、

金額が一番安い低価格のプリンターがおすすめ。

逆に頻繁に印刷する方は、インクが安くて、印刷用紙1枚あたりのコストが安くなるプリンターがおすすめです。

 

印刷コストが安いプリンターは、プリンター本体の金額が上がりますが

そのぶんプリンターの性能が上がり、印刷品質や印刷速度も上がります。

 

プリンターを購入するために、チェックするべき仕様は?

プリンターの購入時に確認する項目として、今までは写真を印刷するのか?それとも文書を印刷したいのか?

でプリンターを選ぶ傾向がありました。それは、写真印刷に向いている「染料インク」と、文書印刷に向いている「顔料インク」の違いがあったからです。

 

ですが、最近のプリンターはどちらも使われていて、写真や文書どちらも綺麗に印刷できるインクになっています。

だからどんなインクが使われているかは気にしなくて大丈夫!

プリンターを購入するときに確認するべき仕様は3つ!

 

1.『印刷コスト』

プリンター本体の金額も重要ですが、用紙一枚当たりの印刷コストをチェック!

月50枚以下の印刷をする方は、印刷コストが高くても大丈夫なのでそれほど気にする必要はありません。

印刷枚数が多い方は、印刷コストが安い機種を選びましょう。

各メーカー大容量のインクタンクを搭載して印刷コストが安いプリンターが販売されています。

 

2.『印刷以外の機能』

最近は印刷(プリント)以外にもコピーやスキャンができる「複合機タイプ」が主流になっています。

機能で「プリント」「コピー」「スキャン」と記載があるかを確認してみましょう。

 

2.『用紙サイズ』

プリンターの機種によって印刷できる用紙サイズが異なるので、チェックしましょう!

最近の使用できる用紙サイズはカードや名刺サイズもしくはL版サイズからA4対応が主流なのでよく見られます。

A3用紙を印刷する・しないで、A3用紙まで対応している機種を購入するかどうかを確認します。

 

【その他の仕様確認箇所】

独立インクかどうか

独立インクとは、1色ずつインクが分かれているかどうかのこと。

プリンターによっては3色が1つのインクになっていることもあるので赤色が無くなったら3色すべて交換ということもあります。

自動両面プリント

用紙の表と裏を自動で印刷できる機能。

自動両面プリントにも「はがき対応」と「はがき非対応」がある

印刷スピード

印刷される時間のこと。

スピードが速いと印刷も早く終わるのでたくさん印刷される方はこちらもチェック

 

プリンターはどのメーカーがおすすめ?

プリンターのメーカーと言えば有名なのが、EPSONCANON

はっきりいってどちらのメーカーもほとんど性能に差異はありません

 

だからどのメーカーがおすすめ!というのは特にないというのが私の意見です。

印刷されたものを見比べても、若干違いはありますが、どちらが優れている・劣っているではなく

好みの問題になります。

 

だから、金額や見た目、プリンターサイズなどを見て気に入ったものを購入する!という購入方法で大丈夫。

管理人ユキ
私はEPSONが好きです

 

EPSONの低価格プリンターおすすめはこれ

管理人ユキ
おすすめポイント!

低価格のプリンターでありながら独立インクを採用

CANONの低価格プリンターおすすめはこれ

管理人ユキ
おすすめポイント!プリンター本体価格が一番安い!

低価格プリンターを購入した後の注意点

安いプリンターを手に入れたら、次はインクのコストが気になってきます。

他社から安く売られている『互換性インク』を購入しがちですが、私はおすすめしません。

 

おすすめしない理由

1.インクの品質がメーカー純正品より劣る

2.あまり印刷しない方はインク詰まりが起きやすい可能性がある

3.保証期間内にプリンターが故障しても互換性インクを使用していると保証対象外になることがある

一番はやはりインクの「質」です。

低価格プリンターを購入する方は、あまり印刷を行わないでしょう。

互換性インクを使用して、長がい間印刷しないと目詰まりして印刷できなくなる可能性があります。

頻繁に印刷する方で、印刷品質を気にしない方は互換性インクの使用もありですが、私はインクは純正をおすすめします。

管理人

管理人ユキ

パソコン販売歴10年。
様々なメーカーのパソコンを取り扱い、その経験からパソコンおすすめを紹介。
難しいパソコンの購入を、わかりやすく、迷わないようご案内します。
詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
最近の投稿
お問い合わせ
応援お願いします!
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ