パソコン初心者におすすめしたい国産メーカー!

目安時間:約 9分

パソコンを購入するなら安価な海外メーカーより、

初心者には国産メーカーをおすすめします!

 

なぜ国産メーカーがいいのか。

国産メーカーについて

色々と解説していきます。

 

管理人ユキ
やっぱりmade in Japanが一番!だけど・・・

海外生産でも国内メーカーがおすすめ!

 

パソコンの国産メーカーってどこがあるの?

パソコン国産メーカー

  1. NEC
  2. 富士通
  3. 東芝
  4. パナソニック
  5. VAIO

 

代表的なところはこんなところでしょうか。

ではそれぞれのメーカーの特徴についてご紹介します。

管理人ユキ
どれも有名なメーカーばかりね

 

NEC

NECは1979年からパーソナルコンピュータを販売している老舗のメーカーです。

 

現在はレノボの資本が入っているので、国内最大のパソコン事業グループと言えるでしょう。

そして国内販売台数NO1。

 

NECパソコンの特徴は性能・デザイン・サポート三拍子そろったメーカー。

性能にはかなりこだわりがあるので、ディスプレイと音、パソコンを使うときの

操作性や速度に力を入れています。

 

私のおすすめとしては、初心者に配慮した充実したサポート。

121コンタクトセンターの電話サポートはちょっとしたことでも親切・丁寧に対応してくれます。

しかも購入してからずっと無料で対応!ずっと無料なのはNECだけです。

 

またNEC直販サイト、NECダイレクトでパソコンを購入することで

あんしん保証サービスという保証を最大5年間付けることも可能です。

(※そのほかの保証サービスも充実しています)

 

保証内容が充実しているというのは、日本メーカーならでは!

 

そして日本で販売されているNECのパソコンは国内生産、だから安心なのです。

 

 

NEC Direct(NECダイレクト)割引クーポンがあるパソコン一覧はこちらから

 

 

管理人ユキが選ぶ!2018年NECおすすめランキング

 

 

 

富士通

富士通はNEC同様、レノボ資本の会社です。

1993年にパソコンを販売開始し、歴史の長いブランドです。

理化学研究所と共同研究でスーパーコンピュータ京の開発したメーカーでもあります。

京はTOP500というコンピューター性能ランキングで、1位(2011年6月、2011年12月)を獲得したことのあるコンピューター。

最近だとGraph500という性能ランキングで1位(2017年6月)を獲得しています。

 

つまりコンピューター開発には優れたメーカーと言えるでしょう。

そして国内販売台数2位。

 

富士通のパソコンの特徴は、初心者にも安心して使いやすい設計となっている点です。

サポートも充実していますので、親切・丁寧に対応してくれます。

 

こちらもNEC同様 国内生産をしているので安心して使えるパソコンとなっています。

 

富士通の公式サイトでパソコンを確認してみる。富士通直販モデル(ノートPC)

 

管理人ユキが選ぶ!2018年富士通おすすめランキング

 

 

東芝

東芝は日本大手の電機メーカーです。

パソコンは1985年から販売している歴史もある会社です。

世界で初めてノートパソコンを作りました。

 

最近は色々とあって会社が危ぶまれていますが、パソコン自信は性能の良いものを作っています。

低価格で高性能のノートパソコンを作り、90年代はノートパソコンシェアNO1に輝いたこともあります。

 

また、東芝のDynabook(ノートパソコン)は耐久性がいいと評判のパソコンです。

ちなみに東芝はデスクトップパソコンを企業向け用1機種のみの販売で、個人向けには製造していません。

ノートパソコンに力を入れていて「安心の強さ」と「使いやすさ」を

コンセプトにあげ、その耐久性からメーカー保証2年をつけているモデルもあります。

(※一部シリーズのみ2年保証となります)

 

また、通常パソコンは海外へ持ち出すと保証対象外になるのですが

東芝は海外保証(制限付き)も付いています。

 

パソコン生産は中国の自社工場で行っていて、自社工場で生産することでパソコンの高い品質を維持しています。

 

東芝の公式サイトでパソコンを確認してみる。東芝ダイレクトトップページ

 

管理人ユキが選ぶ!2018年おすすめランキング

 

 

 

パナソニック

パナソニックはモバイルパソコンを中心としたノートパソコンを販売しているメーカーです。

デスクトップパソコンは製造していません。

画面が一番大きいものでも14インチとなっています。

 

モバイルタイプなので、持ち運びできるように軽量で耐久性に優れ、バッテリーの持ちがいい設計になっています。

落としても壊れない設計を自負しています。

一番画面が大きい14インチモデルは、ブルーレイドライブ搭載・【SSD128GB】搭載で重さ約999gと1㎏を切る軽さ!

軽いのにバッテリー稼働時間はHDDモデル約11時間、SSDモデル約14時間(HDD、SSDともにバッテリーパックS装着時)となっています。

 

どこのメーカーにも負けない軽さと、バッテリー稼働時間を誇ります。

 

そしてノートパソコンは国内生産なので安心して使用できます。

 

パナソニック公式サイトでパソコンを確認してみる。パナソニック

 

 

VAIO

VAIOはソニーから分離したメーカーです。

もともとソニーが開発・販売していた「VAIO」という名前のパソコンが別会社になり「VAIO株式会社」として独立しました。

 

VAIOのパソコンは1996年からの発売なので、比較的新しくパソコンを販売し始めたパソコンメーカーと言えます。

 

ただ、VAIOはほかのパソコンと比べかなりデザインや質感をこだわっていたので一時期爆発的に人気がでました。

音と映像に力を入れているソニーの開発したパソコンということもあり、パソコンも音と映像にはこだわりが詰まっています。

また、見た目が凄くおしゃれなので家庭で使うパソコンとして手に取りやすい商品となっています。

 

現在もおしゃれなパソコンが多く、他のメーカーにはない色とポップな感じが目を引きます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

国産メーカーはどのメーカーもサポート体制が充実しています。

パソコンのパーツはほぼ同じメーカーの同じものを使っているので、パソコン自体の品質はそれほど大きく変わりません。

 

ですから、どこのメーカーの商品を選択したとしても

自分に合う仕様のものを選びさえすれば失敗した!ということないでしょう。

管理人

管理人ユキ

パソコン販売歴10年。
様々なメーカーのパソコンを取り扱い、その経験からパソコンおすすめを紹介。
難しいパソコンの購入を、わかりやすく、迷わないようご案内します。
詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
最近の投稿
応援お願いします!
最近のコメント
    アーカイブ
    メタ情報

    ページの先頭へ