4万円のパソコンってどうなの?Lenovo Ideapad Miix 320レビュー

目安時間:約 6分

セカンドパソコンで一番おすすめするのは

 

Lenovo Ideapad Miix 320

 

価格が4万円代と安いので、動作は?使い勝手はどうなのか?気になるところですね。

このパソコンは我が家で使用しているので詳しくレビューします!

 

※Lenovoの2017年のモデルになるので、在庫がなくなり次第販売が終了してしまいます!

購入したい方はお急ぎくださいね。

管理人ユキ
我が家の主人使用のパソコン!

実際使ってみての感じをお伝えします。

 

1位 Lenovo Ideapad Miix 320

おすすめ1Lenovo Ideapad Miix 320(80XF0007JP)

 

Amazon価格 ¥33、814

OS Windows 10 home (64bit)
CPU インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
メモリ 4GB
ディスプレイ 10.1インチ
ストレージ 64GB 
アプリ Office Mobile
無線機能

IEEE802.11ac/a/b/g/n、 Bluetooth 4.1

インターフェース USB3.0、USB2.0、Micro HDMI
バッテリー稼働時間 約11.3時間
重量

キーボード装着時:約1.02kg

Lenovoパソコンおすすめレビュー

タブレットとしても、ノートパソコンとしても使える1台。

セパレートタイプの自立型。

自立型というのは、支え無しで画面を固定できるタイプのこと。

おすすめ2位になったASUS TransBook Mini T102HAなどのように、ディスプレイを開いたときに支えがいりません。

 

見た目、使い勝手のよい一台です。

 

私が使っている12.5インチの東芝PCと並べてみました。さすが10.1インチ小さい!
パソコン同士を重ねてみました。
ちなみにサイズは、うちの子供が学校で使う5mm方眼のノートと同じです。

パソコンの上にノートを乗せて同じサイズであることを確認してみました。

 

ディスプレイの開き具合を確認。

最大に開いた感じは写真のとおり。

最大に開いた時の角度は130度でした。

ディスプレイを閉じた状態~130度の間は、好きな角度で開くことが出来ます。

ディスプレイ(タブレット)を引っ張ると簡単にキーボードと分離できます。

そしてキーボードとは磁石で接続されているので近づけると、引っ張られます。

接続部は結構しっかりしていますよ。

 

タブレットモードで縦に持つと、画面も自然と縦になります。
キーボードはしっかりした作りなので、打ちやすいです。キーストロークがどれくらいかメーカーページでは探せなかったですが、見た感じ1.5mmタイプではないかと思いました。

ディスプレイが『LEDバックライト付 10.1型 FHD IPS液晶 (1920x1200ドット、1,677万色以上) 、マルチタッチ対応(10点)、光沢あり』という仕様。

光沢がある画面なので、すごく鮮やかで綺麗です。

Word、Excel、インターネットやメールは問題なく使用できました。

使用していて特に支障、遅さは感じません。

キーボードのサイズは、私は手が小さいほうなので私には打ちやすいサイズです。

主人は身長170cm、ガッチリタイプですが、主人でもキーボードのサイズは問題ないとのこと。

 

サイズが小さいく、パソコン単体の電源が十分に長い機種なので我が家ではさっと出して!ちょこっと作業して!によく使用します。

主人が使うパソコンは他にもありますが、その中でも結構使用頻度は高いです。

 

バッテリーの持ちも確認したかったですが、現在そこまで確認できていません。

確認でき次第、情報を追加していきたいです。

 

仕様上では、バッテリーが11時間ほどなので、外出時にはアダプターなしでも1日中バッテリー切れの心配なく、活用することができます。

キーボードを取り外すと、重さが約550gととても軽くなります。

またカメラが前後でついているので、写真撮影や、ビデオチャットなどにもおすすめの一台です。

 

2017年モデルとなっているので、購入はお早めに。

 

2018年おすすめセカンドPCランキングサイトはこちら

 

2018おすすめセカンドPCの2位・3位レビュー

 

 

富士通おすすめパソコン購入方法

目安時間:約 7分

富士通メーカー直販の富士通WEB MARTでおすすめのパソコンを購入する場合、カスタムする必要があります。

私がおすすめする初心者向け富士通のパソコン購入方法をわかりやすく案内します。

 

1.富士通メーカーサイト!『富士通WEB MART』で購入する

富士通WEB MARTで購入する

このボタンをクリックします。

 

すると、富士通WEB MARTの画面(下画面)が表示されます。

 

2.最初にアカウント登録を行う

富士通WEB MARTの画面が表示されたら、まずは『アカウント登録』を行いましょう!

割引率の高いクーポンを手に入れることが出来ます。

 

富士通WEB MART画面のかきの画面にある「アカウント登録(無料)でさらにおとく《〇〇%OFF》!詳しくはこちら』の「こちら」の部分をクリックします。

 

すると、アカウント登録画面が表示されます。

画面を一番下までスクロールさせると、『アカウント登録』のボタンが表示されるので、そこをクリック!

登録画面が表示されたら、画面の指示に従い入力し、登録を完了させてください。

「アカウント登録」が終わると、パソコン購入の画面に戻ります。

 

3.パソコンのカスタマイズをしよう!

パソコン購入画面に戻ったら、画面を下に行くと『スペック概要 (詳細は「仕様」をご参照ください)』という項目があり、パソコンの仕様(スペック)が一覧で記載されています。

下記の項目は最初から選択されている【標準】のものでOK。

【仕様を選ぶポイント!】

CPU

Intel Core i3-7130Uでも十分ですが、パソコンを快適に使用するために

●動画を頻繁に見たい方は「Intel Core i5-8250U」

●動画編集・写真加工編集を行いたい方は「Intel Core i7-8550U」

を選択することをおすすめします。

メモリ

メモリ8GB(8GB×1)を選択すると、4GBより一度に読み込むデータ量が増えてインターネットやメール、Officeアプリがより快適に使えます。

また、動画を頻繁に見たり動画編集・写真加工編集をする方はメモリの容量が大きいほうがいいです。

ストレージ HDDは「約500GB HDD」でソフトや写真、動画など十分に保存できます。
光学ドライブ スーパーマルチドライブは「DVD」や「CD-R/RW」の再生が可能。ブルーレイディスクを観たい方は「BDXL(TM)対応 Blu-ray Discドライブ」を選択してください。

 

【カラー】好きな色を選択します。

カラーは4色あります

※「メタリックブルー」は「CPU:Core i7」選択時のみ、お選べます。

 

さらに下にスクロールすると【Office】が「なし」になっているので『Office Personal Premium (2016)』を選択します。

文書作成ソフト(Word)、表計算ソフト(EXCEL)が必要ない方は「なし」でもいいです。

他の方と、WordやEXCELのデータのやり取りをしない方は「Office互換ソフト」欄にある「キングソフト WPS Office Standard」を選択してもいいでしょう。

Office Personal Premiumとは

 ワープロソフト「Word 2016」、表計算ソフト「Excel 2016」、多機能メールソフト「Outlook 2016」が含まれます。
Office Home & Business Premiumとは
「Word2016」「Excel2016」「Outlook2016」に加え、プレゼンテーションソフト「PowerPoint」、デジタルノート「OneNote」が含まれます。

 

【ちなみにOffice互換ソフトとは?】

Office互換ソフト『キングソフト WPS Office Standard マルチライセンス (ダウンロード版)』は、マイクロソフトofficeと似たソフトです。

officeのWordやExcelで作成したデータを開いたり、編集することもできます。ただ、互換ソフトと言っても100%ではないので、作成したデータが崩れることもあります。

一般的によく使われるのはマイクロソフトofficeです。

会社で使用する場合や、他人とのやり取りを行う場合、マイクロソフトofficeで開くことがある場合は、互換ソフトではなくマイクロソフトのofficeを購入することをおすすめします。

 

 

さらに、画面を下に移動すると【ハードウェア保証】があり、『3年保証(標準保証を合計3年間に延長)』になっていることを確認!

予算に余裕がある方、パソコンを頻繁に外に持ち出す方は3年ワイド保証がおすすめです。

 

管理人ユキ
ワイド保証に加入すると、通常の保証では

保証されていない落下や水こぼしなどによる故障も無償修理

することが出来ます。

ノートパソコンを外出先に持ち出す方におすすめ

 

最後に仕様が希望通りになっているか確認します。

★希望の色が選択されているか

★Officeが選択されているか

 

確認が終わったら『カートに入れる・見積作成』を選択する。

 

 

2.カートに入れる

 

『カートに入れる・見積作成』を選択すると『追加オプション選択』画面が表示される。

画面右下の『お見積書作成・購入手続きへ』を押す。

すると、『ご選択いただきました商品』の画面が表示されるので、「クーポン」の欄の『適用』を押す。

 

 

『適用』を押すと、金額が安くなります。

 

最後に画面一番下にある「ご購入手続きへ」を選択して画面の指示に従い手続きを行ってください。

 

dynabookおすすめパソコンの購入方法

目安時間:約 4分

東芝メーカー直販のdynabook Directでおすすめのパソコンを

購入する場合カスタマイズすることができますので、

初心者おすすめパソコンベスト2位になったパソコンの購入方法を

わかりやすく案内します。

 

1.東芝 Directで購入する

dynabook Directで購入する

このボタンをクリックします。

 

すると、dynabook Directの画面が表示されます。

 

画面の『会員になるとプライスダウン』をクリック。

 

2.新規会員登録を行う

 

『会員になるとプライスダウン』というボタンを押すと

『新規会員登録』という画面が表示されるます。

 

 

利用規約を確認し、画面下の『同意します』をクリック。

 

画面が変わり、個人情報を入力する画面が表示されるので

『必須』と書いてあるところを全て入力して下さい。

 

 

入力が終わったら『次へ』を押す。

すると『確認画面へ』のボタンが表示されるので、押します。

 

次に『ログインに使用する情報』が表示され、きちんと入力が出来ていることを確認します。

『ログインに使用する情報』に間違いが無ければ、『登録する』を押します。

『登録する』を押すと、ログインされてた状態でパソコン購入画面に戻ります。

 

 

3.ログイン出来たら購入画面に戻るので金額を確認!

 

画面がパソコンの画面に戻るので、金額が安くなっていることを確認!

¥84,000(税抜)¥56,800(税抜)になりました。

 

4.仕様を確認する

 

購入金額が安くなったら、改めて仕様を確認します。

赤枠で囲ってある部分に仕様が記載されています。

 

5.カートに入れる

 

仕様を確認したら『カートに入れる』をクリックして購入手続きに移ろう!

『ショッピングカート』の画面に移り、『カート内商品一覧』の画面を

下に移動すると『サポートサービス(オプション)』が選択できるのでチェック!

サポートはご自身の予算に合わせて選択してください。

 

 

管理人ユキ
「PCプレミアム保証」は通常保証外になる

落下、水こぼし、破損、落雷も保証対象となるので

よく外出先にパソコンを持ち出す方におすすめ!

 

「パソコン保証サービス」を選択したら、さらに画面下に行きます。

すると「個人情報に関するお取り扱いについて」が記載されているので確認して

『同意する』をクリックしてチェックを入れます。

 

最後に『購入手続きへ』をクリックして、後は画面の指示に従い手続きを進めてください。

 

NECおすすめパソコン購入方法

目安時間:約 9分

管理人おすすめパソコンの1位で紹介したノートパソコンを、メーカー直販NEC Directで安く購入する方法をご案内します。

 

1.NEC Directで購入するをクリック

NEC Directで購入する

このボタンをクリックします。

 

すると、NEC Directの画面が表示されます。

画面右の赤枠で囲ってある金額が書いてあるところをクリック!

 

すると、購入場所の一番下へ画面がスクロールされます。

「カスタマイズご購入はこちら」をクリックすると、次にカスタマイズの画面に移ります。

 

 

2.一番安く購入できるクーポンをGetする。

 

「カスタマイズご購入はこちら」をクリックするとカスタマイズの画面が表示されます。

まずは一番安く購入できるクーポンを発行してもらいます。

画面右上にある「チャットサービス」をクリック。

そのあと「NEC Directチャットサービスに関して」という画面が表示されるので、内容を確認し、一番下まで画面をスクロールします。

そして必須項目の「お名前」を入力します。

名前を入力したら「利用規約に同意して送信」のボタンを押します。

すると下記の画面のように「このリンクをクリックしてください」とメッセージが表示されるのでクリックし、チャットが開始されます。

※混みあっている場合は、チャットが開始されず「混みあっている」旨のメッセージが表示されます。

その時は、時間をおいてもう一度試してください。

 

チャットが開始されたら、「チャットクーポンが欲しい」とメッセージを送るとクーポン番号を発行してくれます。

そのクーポン番号をメモしましょう。

チャットクーポンは、使用期限がありますクーポンを取得した際には、期限を聞くようにして期限内に使用しましょう。

 

「チャットクーポン」を取得したら、次にパソコンを購入しましょう。

 

3.カスタマイズする

「カスタマイズ画面」からスペックを選択していきます。

 

まずは【モデル選択】です。『Celeron/Pentium搭載モデル 』が選択されているので、そのままにする。

次に「スペック選択」の項目から、それぞれのスペックを選択していきます。

 

【CPU】の中から『インテル® Celeron® プロセッサー N4000 (1.10GHz)』を選択する。

  

 

CeleronとPentiumは周波数が同じで、最大動作周波数もあまり変わらず、変わるのはコア数/スレッド数となっています。

Pentiumを選択しても、あまり動作の変化は感じられないので安いCeleronを選択するのがおすすめ。

パソコンの動作を早くしたいならモデル選択で「Core™ i3/i5/i7 搭載モデル」を選択しましょう。

【OS】は標準設定のままでOK。

Homeは個人向けOS、Proはリモート機能や暗号化など企業向けに特化した機能が追加されています。

 

【ソフトウェアパック】の中から『標準ソフトウェアパック』を選択します。

 

『ミニマムソフトウェアパック』は青枠のソフトが入っています。

『標準ソフトウェアパック』は「ミニマムソフトウェアパック」にプラスで緑枠のソフトが入っています。

初心者に必要なパソコンの基本操作や、ワイヤレスLANの設定などが入っているのでおすすめです。

 

 

【ディスプレイ】は変更できません。

 

【ボディーカラー】好きな色を選択

 

【メモリ】『4GB 』を選択。

メモリ8GBを選択すると、4GBより一度に読み込むデータ量が増えてインターネットやメール、Officeアプリがより快適に使えるので予算がある方は8GBもおすすめ。

 

【HDD】標準の『500GB HDD(5400回転/分)』のままでOK

HDDは500GB HDDでソフトや写真、動画など十分に保存できます。

 

【DVD/CDドライブ】『DVDスーパーマルチドライブ〔DVD-R/+R2層書き込み 』を選択。

DVDスーパーマルチドライブは、DVDやCD-R/RWのみ再生可能。ブルーレイディスクを観たい方は「ブルーレイディスクドライブ」を選択してください。

 

【マウス】はお好みで選択してください。

 

【オフィスアプリ】が「なし」になっているので

Microsoft Office Personal 2016』を選択する

Microsoft Office Personal Premium 2016とは

 ワープロソフト「Word 2016」、表計算ソフト「Excel 2016」、多機能メールソフト「Outlook 2016」が含まれます。
Microsoft Office Home & Business 2016とは
「Word2016」「Excel2016」「Outlook2016」に加え、プレゼンテーションソフト「PowerPoint」が含まれます。
 
 
【保証】については、ご自身の予算の状況に合わせて選択してください。
標準の1年保証でも問題ありません。

1年間保証とは

 正常なご使用状態のもと起きた故障を無償で引取修理します。お買い上げから1年間有効。

メーカー保証サービスパックとは

 正常なご使用状態のもと起きた故障を無償で引取修理を、3年・4年・5年と延長します。

あんしん保証サービスパックとは

 「メーカー保証サービスパック」に加え、火災や落雷などの天災、落下や水こぼしなど取扱い不注意による破損・損傷にも対応する特別保証付。(限度額有)
 
 
【セット購入特典】が無料で「PC Matic」というセキュリティソフトが1年間無料で
使用できるので選択する
 
すべて選択・確認が終わったら画面左下に表示されている【内容確認へ進む】をクリック
 
 

4.カスタマイズ確認画面

 

カスタマイズの確認画面が表示されるので、下記のようになっていたらOK

 

 確認出来たら画面右下の『カートへ進む』をクリック。
 

5.ショッピングカート

 

ショッピングカートへ来たら画面左側にある『クーポンコードを入力』の項目に、控えたクーポンコードを入力する。

すると、金額が安くなります。

※値引き率は、購入時期によって変わるので金額が変わることがあります。表示されている画像は2018年10月1日時点の金額です※

管理人ユキ
高スペックを選択して金額が高くなると、

その分値引き率も高くなりますよ!

自分の欲しい仕様で、金額を確認してみるのもおすすめです。

 

 

5.ログインする・お客様登録をしてログインIDを取得する

 

『購入手続きへ進む』のボタンをクリックすると、ログイン画面が表示されます。

すでにNECで登録を行っている方はログインIDとパスワードを入力して画面をすすめます。

 

まだ登録していない方は『ログインIDをお持ちでないお客様はこちら』の

『こちら』の部分をクリック!

 

あとは、画面の指示に従い情報を入力して進めてください。

 

管理人ユキ
一度お客様登録すれば、NECの

電話サポートも受けられるようになります。

NEC製品を使う方には必要な登録です。

デスクトップパソコンおすすめモデルを用途別で紹介!

目安時間:約 13分

高性能でサクサク動くパソコンがほしい!そんなあなたにはデスクトップパソコンがおすすめ。

ノートパソコンのように簡単に移動できないけど、その分高スペック(高性能)で、ストレス無く使用できます。

 

でも、デスクトップパソコンはノートパソコンより種類が多いので選ぶのが大変!

そんなあなたにおすすめのデスクトップパソコンをご紹介します。

 

管理人ユキ
快適なパソコンライフを送るなら断然

デスクトップパソコンです!用途に合わせて

どんなパソコンを購入するのがいいか見て下さい。

 

デスクトップパソコンのメリットって?

デスクトップは机の上に設置するパソコンで、本体・ディスプレイ・キーボードやマウスのスペースが必要になります。

また設置したら、移動せず設置場所で使用します。

そんなデスクトップパソコンのメリットってなんだろう?

 

デスクトップパソコンのメリットは3つ!

 

1.スペックが高い

デスクトップパソコンは、パソコン本体部分が大きいのでパーツを搭載出来るスペースがノートパソコンに比べ広く、高性能パーツを搭載することが可能です。

だから、デスクトップパソコンはノートパソコンに比べ高性能な機種が多いのです。

高性能のスペックを搭載すると、ゲームや動画編集などのデータ処理が多く、負荷の高い作業を快適に行うことができます。

 

2.パーツが交換できる

メモリやボード(グラフィックボードなど)が自分で交換・増設することが可能。

パソコン上級者はHDDなども自分で交換してしまう方もいます。

 

だからスペックを自分で上げることが出来て、長く使い続けられます。

 

3.ディスプレイが大きい!自分の好きなディスプレイが選択できる

本体とディスプレイが別なので、別メーカーのディスプレイを選ぶことも可能!大きさ・性能も自分の好みのものを選択することが可能です。

本体とディスプレイが一体型のパソコンもありますが、ノートパソコンに比べるとディスプレイサイズが大きいので見やすいです。

 

管理人ユキ
デスクトップパソコンは、自分の思うように

カスタマイズ出来たり、また、画質や音質にこだわった

モデルもあるよ

 

デスクトップパソコンにも種類があります

 

デスクトップパソコンの種類って知っていますか?

種類は大きく3つに分けられます。

 

1.タワー型

拡張性の高さが魅力的なパソコン。その分デスクトップ本体のサイズも大きくなります。

高性能のパーツを搭載していたり、カスタマイズして高性能にできたりします。

特に高性能グラフィックボード(カード)を搭載している機種も多く、オンラインゲームや画像処理に向いています。

サイズが大きいパソコンなので、設置スペースが大きく必要ですがパーツ交換も簡単にできます。

 

 

2.省スペース型

タワー型と同じ形だけど、省スペースタイプで設置スペースを取りません。

タワー型のように大型でない分パーツの交換がやりにくい。

タワー型よりスペックは落ちますが、ノートパソコンよりはスペックが高い。

会社などで一般的に使われているのがこの形になります。

 

3.液晶一体型

ディスプレイとパソコン本体が一体型になったモデルです。設置スペースがほぼディスプレイのサイズだけで済みます。

とてもおしゃれで見た目が良く、画質・音質にこだわったモデルが多いのが特徴。

テレビチューナーを内蔵しているモデルもあり、テレビ・HDDレコーダーとして使用できるものもあります。

 

管理人おすすめデスクトップPCは一体型パソコン

管理人ユキ
デスクトップの種類は、自分がどう

パソコンを使用したいかで選択するのが

一番!

 

 

デスクトップパソコンはどれを選べばいいの?用途別に見てみよう!

家でパソコンを使う時はどんな時ですか?

あなたの用途に合わせて、おすすめのパソコンをご紹介します。

 

家で仕事や事務的に使うならこのパソコン

LAVIE Direct DT

 

NECの省スペース型のデスクトップパソコン。

白で統一され、圧迫感がないのでどんなお部屋にもマッチします。

省スペース型ですが、カスタマイズでCPUがインテルCore i5やCore i7を選択できるので、快適なパソコン操作を実現。

高性能のパソコンを選ぶならこの機種です!

 

おすすめスペック

CPU インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー (3.60GHz)
OS Windows 10 Home
ソフトウェアパック 標準ソフトウェアパック
キーボード・マウス PS/2小型キーボード・USBレーザーマウス
メモリ 16GB (8GB×2) デュアルチャネル対応
HDD 約1TB HDD (高速7200回転/分)
DVD/CDドライブ DVDスーパーマルチドライブ [DVD-R/+R 2層書込み]
グラフィック NVIDIA® GeForce® GT 730
ディスプレイ

23型ワイド LED IPS液晶 ×2 (ノングレア) (フルHD 1920×1080ドット・スピーカ内蔵)

※ディスプレイ2台選択し、マルチディスプレイがおすすめ※

オフィスアプリ Office Personal Premium プラス Office365サービス
保証 1年間保証

 

管理人おすすめ設置方法!

上記のおすすめスペックで、パソコンを購入するとディスプレイが2台付いてきます。

ディスプレイ2台並べて、マルチディスプレイとして使用するのがおすすめ!

マルチディスプレイとは?

一台のパソコンに複数のディスプレイを接続することです。ディスプレイが複数あると、多くのファイルを開いて表示させることができるので便利です。

マルチディスプレイ(2画面)イメージはこのような感じになります。

 

マルチディスプレイを一度使うと、その使い勝手の良さにハマりますよ!

通常は一つの画面で開くので、画面を切り替えたり、画面を小さくして2つの画面を開くので文字が見えづらかったりしますが、マルチディスプレイならそんな不便は一切無し。

一つの画面に、WordやEXCELなどの画面を開いて作業しながら、もう一つの画面でインターネットのページやPDFファイルを開くことが出来ます。

だから、他の画面を見ながらの作業がスムーズに行えます。

しかも他メーカーだと、パソコンのディスプレイ接続ポートが1つしかないですが、NECのLAVIE Direct DTは、ディスプレイポートが標準で2つあります。

また、ディスプレイを2つ購入するとDisplayPort-DVI-D(シングルリンク)変換アダプタが2つ付き、ケーブルを買い足す必要なく接続できるので便利。

 

そして高スペックを選択すれば、パソコンの操作で遅い!というストレスが無くなり。

サクサク動くのでパソコンでの作業もはかどります。

 

NEC LAVIE Direct DTの購入はこちら

 

購入の前に確認しておきたい

NECパソコンを一番安く購入する方法

 

省スペースでテレビが見れる!画質・音質を重視したい

一体型のパソコンを選ぶなら、おしゃれなタイプが多くテレビを見れるのが特徴。

おすすめはNECと富士通パソコン。

 

NEC LAVIE Direct DA(S)

とてもおしゃれな一体型パソコン。

一体型なので大画面でもスペースが少なくて済みます。

添付のキーボード、マウスがワイヤレスで使いやすい。

NECは他メーカーと比べ、ディスプレイに力を入れているので画面が鮮やかで綺麗に表示してくれます。

テレビチューナーはお好みで選択していいでしょう。

CPUはCore i5以上、メモリは8GBは欲しいです。

NEC Directで購入すると、標準で3年保証を付けることができます。

 

NEC Directで確認する

 

富士通 ESPRIMO WF1/B3

 コンパクトな一体型パソコン。とてもシンプルなデザインです。

NEC同様のスペックと、TV機能を搭載できるモデルです。

NECの一体型とはスペックや金額が同じなので、どちらか迷ったらデザインの好みで選ぶのがいいでしょう。

標準3年保証とセキュリティーソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が標準で付いているのがおすすめポイント。

 

富士通WEB MARTで確認する

管理人ユキ
私は長く使って、家の見える所に

置きたいからNECのパソコンを選択します。

金額が高くても見た目・ディスプレイの綺麗さを

重視したいかな。

 

パソコンでゲームを楽しみたい!ゲームに合わせてスペックを選択

オンラインゲームをパソコンで行う場合は「ゲーミングPC」と呼ばれるパソコンを購入しましょう。

これはゲームに特化したパソコンです。

通常のパソコンと比べると高スペックとなっているのが特徴。

 

ゲーミングPCではインターネットや、動画再生、メールなどもできますが、他のパソコンと違うのは最新の3Dグラフィックを多用したゲームもプレイが可能というところ。

通常のパソコンでゲームを行うと画面がカクカクしたり、フリーズしたりなどして満足できるプレイ環境が得られないのです。

ゲームを快適にプレイするなら、高性能のゲーミングPCが最適!

 

そこでおすすめなのが、リーズナブルでゲームに適したドスパラのゲーミングPCです。

 ドスパラ GALLERIA ZG
 

 ゲーミングPCを10年以上販売しているドスパラで、現在1位の「ガレリア」

高スペックなので、ゲームがサクサク動くと評判のパソコン。

価格.comでも売れ筋ランキングや、満足度ランキングで上位の機種です。

また、価格がお手頃なのもうれしい。

ドスパラは購入した後の、出荷が早く、在庫があれば当日出荷。

カスタマイズしても最短出荷してくれます。

 

ドスパラで確認する

管理人ユキ
デスクトップパソコンいかがでしたか?

購入を考えている方は用途に合わせて、

選択してくださいね。

2018年セカンドパソコンおすすめ機種はこれだ!~低価格5万円以下で探す~

目安時間:約 20分

今回はセカンドパソコンについての購入方法について解説します。

 

セカンドパソコンとは?

メインではなく、あくまでもセカンドパソコン(2台目)として使うことを目的としたパソコンです。

 

 

つまり自宅にいつも使っているパソコンがあって

でも外出するときにちょこっと作業したい!

そんなときにおすすめの一台をご紹介します。

 

管理人ユキ
持ち出すことを前提としています!

出張や旅行!ちょっとした外出に使いたいね。

ノートパソコンの選び方とはちょっと変わるから

しっかりチェックしてね。

 

すぐにセカンドパソコンのおすすめベスト3を見た方はこちら

 

セカンドパソコンを購入する目的は?

家にパソコンがあるならセカンドパソコンは必要?

そう思うかもしれません。

 

今回は「外出先で使うパソコン」です。

使い方としては・・・

 

  • 外出先でインターネットを見たり、ブログの更新を行いたい
  • 外出先でメールをチェックしたい
  • 外出先でちょっとした資料(見積、レポート、文書)を修正したい
  • 出張や旅行に持って行きたい

 

このような状況で重宝する一台をご紹介します。

本格的な作業は家にあるパソコンで!ということを前提にしていますので

スペックも家パソコンとはちょっと違ってきますよ。

 

セカンドパソコンの必要スペックはこれ!ココを重視する

セカンドパソコンは毎日使うことを前提としていません。

ですからスペックもそれほど高くないもの。

 

そして、重視するのは価格です。

 

あまり使わないパソコンに沢山お金を掛ける必要は無いのです。

メインのパソコンはそれなりにお金をかけて

セカンドパソコンは安価なものを選択するのがベスト。

 

メールチェックや、Office関連のソフトを使うならこのスペックがあれば安心です。

CPU Atom x5-Z8350(Cherry Trail)
1.44GHz/4コア
メモリ4GB
ストレージ容量eMMC:64GB
OSメインパソコンと同じものが良い
液晶10.1インチ以下
重量1㎏以下

 

管理人ユキ
スペックについて一つずつ説明するよ

 

CPU:Atomとはインテル社製で、モバイルパソコン用に開発された省電力CPUです。モバイル用の「Coreプロセッサー」が性能が上になりますが、インターネット・メールや、書類の修正などの作業はAtomの性能で十分です。

 

メモリ:パソコンの動作速度を考えると最低4GBはあった方が良い

 

ストレージ容量:作業中のファイル以外は基本的に外部メディア(USBメモリなど)に保存するという使い方がいいので容量は少なくてOK

 

OS:アプリやファイルの互換性を考えて、自宅がMacならiOS。windowsなら、同じwindowsを選ぶのが良い。

 

液晶サイズ:10.1インチ以下がおすすめなのはOfficeを購入しなくて良いからです。その分金額が安く抑えられます。

(液晶については後で詳しく書いているのでそちらを参照)

そして10.1インチ以下はパソコンサイズが小さいのでカバンに入れて持ち運びやすいサイズです。

 

重量:持ち運びを前提している為なるべく軽い方がいい!1kg以下が理想

 

そして価格は5万円以下で探すのが良いでしょう。

 

Officeアプリを無料で使おう(Office Mobile)

セカンドパソコンの液晶サイズを10.1インチ以下に抑える理由は、ディスプレイが10.1インチ以下だとMicrosoftのモバイル用Office(OfficeMobile)が無料で使えるからです!

 

【Office Mobileを使う為の条件】

  1. 10.1インチ以下の液晶であること
  2. マイクロソフトアカウントを取得すること

 

この2点。

※注意点※無料のマイクロソフトアカウントで利用できるのは、基本的な編集機能に限定されます。

詳しくはこちらのMicrosoft公式サイトにある「Office Mobile」のページで確認

 

Officeアプリの有り、無しで当然パソコンの金額が変わります。

価格を抑えるなら、なるべく無料で使用できるようにしたいですね。

また、セカンドパソコンなのでOfficeも無料で使える機能で十分ですよ。

 

 

持ち運びできるパソコンの種類は2つ。

持ち運びできるパソコンは、2種類あります。

昔からある『ノートパソコン』と、最近聞くようになった『タブレットPC』です。

タブレットPCはいわゆるパソコンと言うよりは「タブレット」です。

 

タブレットPCは「タブレットをパソコンのように使う!」と考えてください。

『ノートパソコン』『タブレットPC』は同じことが出来るので、その線引きが難しいですが、わかりやすくまとめてみました。

 

種類 OS キーボード有無 ディスプレイ
ノートパソコン windows10

有り

画面タッチで操作できない

タブレットPC

Windows10

Android

無し

キーボード取付可能

タッチパネル式

(画面タッチで操作ができる)

 

10.1インチのパソコンは、ほとんどタブレットPCになります。

 

『タブレットPC』には、『ノートパソコン』の機能を持った2in1PCというタイプがあります!

「2in1PC」にもタイプがあり、そのタイプは2つ。

 

2in1PCのタイプ

★コンバーチブルタイプ

「コンバーチブル型」は液晶部分とキーボードが分離しない2in1PCです。

ヒンジ部分(ディスプレイとキーボードのつなぎ目)が360度回転できるので、通常のノートパソコンのような見開きはもちろん、キーボードを360度折り返せばタブレットとしても利用できます。

メリット

 ディスプレイを好きな角度で開くことができる。

タブレットとしても使用できる。

デメリット  キーボードを360度折り返してタブレット型にすると

セパレートタイプより重量が重い。

 

★セパレートタイプ

セパレート型は液晶部分とキーボード部分が分離する2in1PCです。

つまりキーボードを取り外すとタブレットとして利用できます。

メリット  ディスプレイとキーボードが分離できるので軽量のタブレットとして使用できる。
デメリット  取り外したキーボードの置き場所に困る

 

『使用するならどんなタイプがいい?』

と、悩まれるかもしれません。

 

外出先で使うということが前提なので、用途に合わせて軽くなるほうがいいでしょう。

私のオススメはタブレットとして使用する時に軽い、『セパレートタイプ』がおすすめ。

 

 

外出先でインターネットへ接続する場合はどうすればいいの?

通常、家にいるときはWi-Fiを使用してインターネットを行いますが、外出するとインターネットに接続できなくなります。

インターネットに接続するためには、パソコンにLTEの機能が必要になります。

 

その機能を搭載しているのが、LTEモデルと呼ばれるものです。

 

LTEと言うインターネットの回線はスマホが外でインターネットに接続する時と同じ回線です。

格安スマホや、携帯電話の会社が販売している「SIMカード」を購入して装着することで、ノートパソコン・タブレットがどこでもインターネットに接続することが出来るようになります。

 

最近は『格安SIMカード』が販売されているので搭載しているほうがいいかも!

と思うでしょうが、LTEモデルを選択するとパソコンの価格が1万円ほどUPするので金額を抑えるためにLTEは無しを選択した方がいいでしょう。

 

外出時にインターネットをしたい方はスマホのテザリング機能を使用しましょう。

 

小さいパソコンだからこそチェックしてほしいポイント!

こちらで紹介しているセカンドパソコンは画面が小さく、軽くて持ち運びが便利な商品です。

 

そこで是非、確認してもらいたいのがキーボード

 

何故か?と言うと、『画面が小さい=キーボードも小さい』からです。

そして軽さを重視しているパソコンなので、キーボードが薄くなります。

 

つまり、キーボードのキーストローク(キーを押したときの沈み込む深さのこと)が、デスクトップパソコンや15インチのノートパソコンと違い、すごく浅くなっているのです。

キーの沈み込みが浅いとキーを押した感覚が薄く、タイピングミスをしやすいという点があるので、出来ればキーの沈み込みが深いものがおすすめ

 

サイズが10.1インチのパソコンであれば「1mm」以上のキーの沈み込みがあるほうがいいです

デスクトップパソコンからパソコンを触りはじめ、長年パソコンを使用して来た方は深いキーボードに慣れているので、キーは沈み込むものが使いやすいでしょう。

ですがスマホを良く使い、スマホの平なキー操作に慣れている方はあまり気にしなくていいかもしれません。

 

 

キーボードのキーストロークについては、ほとんどの場合、メーカーの機種紹介ページのところに書かれています。

 

管理人ユキ
以上のことを踏まえて

選んだパソコンはここから!

 

 

おすすめセカンドパソコンベスト3!

管理人ユキ
ノートパソコン、タブレットPC

両方のおすすめをご紹介します。

※Atomは生産が終了しているので、安いノートパソコンを購入するなら今ですよ。

 

格安2in1パソコン

Lenovo Ideapad Miix 320  80XF0007JP
  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • セパレートタイプ、自立型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:Office Mobile 
  • 重量:約1.02kg
  • バッテリー稼働時間:約11.3時間
メーカー 型番 金額 おすすめ度
 Lenovo 80XF0007JP ¥ 33,814 ★★★★★

我が家で主人がセカンドPCと使用しているパソコン。

Word、Excel、インターネット、メールをやるには十分のスペックで、使い心地はとても良くておすすめ。

重量が約1kgと軽く、バッテリー稼働時間も長いので長時間の外出時に使用しても便利に使えます。2017年モデルなので金額も超お手頃で魅力的な一台。

バッテリー稼働時間、重量、金額で見るとこの機種がイチオシ!

購入はこちら

 

レビューはこちら

 

ASUS ベーシック2in1ノートブック TransBook グレー T102HA-128S
  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • セパレートタイプ、スタンド型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:128GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:Office Mobile + Office365サービス
  • 重量:約790g
  • バッテリー稼働時間:約12.5時間
メーカー 型番 金額 おすすめ度
 ASUS T102HA-128S ¥ 44,000 ★★★★

こちらもWord、Excel、インターネット、メールなどを行うための十分なスペックを搭載。

重量が1kgを切るパソコンで持ち運び楽々!バッテリー稼働時間も長く、ストレージも128GBと10.1インチの中では容量が大きいので、アプリを沢山いれたいかたにおすすめ。

バッテリー稼働時間、重量、金額もいいですが、1位にはかなわないので2位

 
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • コンバーチブルタイプ、自立型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:Office Mobile + Office365サービス
  • 重量:タブレット本体:約596g、キーボード装着時:約1.07kg
  • バッテリー稼働時間:10.5時間
メーカー 型番 金額 おすすめ度
hp HP x2 10-p000 ★★★

Word、Excel、インターネット、メールをやるには十分のスペック!

こちらはコンバーチブルタイプですが実はキーボードが取り外せ、セパレートにもなる優れもの。

2in1PCはディスプレイにスタンドが付いているタイプが多いですが、スタンドが面倒な方におすすめ。

重量、バッテリー稼働時間、金額でみるとこちらは3位となりました。

 

 

購入はこちら

 

レビューはこちら

 

管理人ユキ
どちらの機種もキーボードが

しっかりしているタイプなのでおすすめです。

 

残念ながら、インテルから出ているAtomが生産終了になりやすい機種が無くなりつつあります。
メーカーのパソコンで5万円以下で購入できるのはいまだけ!かもしれません。

 

格安タブレットPC

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • セパレートタイプ、スタンド型
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB (eMMC)
  • メモリ容量:4GB
  • ドライブ:無し
  • 統合ソフト:office無し
  • 重量:タブレット本体:約590g、キーボード装着時:約930g
  • バッテリー稼働時間:約6.6時間
販売店 型番 金額 おすすめ度
ドスパラ DG-D10IW3SLi ★★★★

※現在在庫切れ※

格安のタブレットPC!液晶保護シールは最初から張り付け済みです。

タブレットはノートパソコンと違い、バッテリー稼働時間が短いので長時間使用しない方におすすめ。

キーボード装着時でも重量が1kg以下と軽く。タブレット単体でも使用できるので用途に合わせて使い分けができます

購入はこちら

 

  • OS:Windows 10 Home 32ビット版
  • 液晶サイズ:10.1インチ
  • CPU:インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
  • ストレージ:64GB(eMMC)
  • メモリ容量:2GB
  • 統合ソフト:Office Mobile プラス Office 365 サービス
  • 重量:タブレット本体:約593g、キーボード装着時:約916g
  • バッテリー稼働時間:約8.2時間
販売店 型番 金額 おすすめ度
 マウス

MT-WN1003

¥ 42,984(税込) ★★

windows10が32ビット、メモリが2GBとなっているので、ビジネス用には向かないでしょう。

ファイル作成はせず、インターネットやメールの確認などを行う方におすすめの一台です。

タブレット単体で使用できるので、使用用途は広がります。

マウスは国内生産、365日24時間の安心の電話サポートなのでおすすめのメーカー。

 

購入はこちら

管理人ユキ
タブレットPCは価格が安いものが

多いので、購入しやすいですよ。

 

 

セカンドパソコンおすすめレビュー

目安時間:約 7分

セカンドパソコンのおすすめ機種2つをレビュー

どのパソコンが気になるかな?

管理人ユキ
インテルのCPU「Atom」が生産終了

となり、低価格の10.1インチ以下のモバイル

ノートパソコンが無くなってきています!

低価格で購入するなら今ですよ!

 

1位のレビューはこちら

管理人ユキ
1位はレビューが長いので別ページなっています

 

2位 ASUS TransBook Mini T102HA 型番:T102HA-128S

OS Windows 10 home (64bit)
CPU インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
メモリ 4GB
ディスプレイ 10.1インチ
ストレージ 128GB 
アプリ Office Mobile
無線機能

IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.1

インターフェース USB、microUSB、Micro HDMI
バッテリー稼働時間 約12時間
重量

キーボード装着時:約790g

 

ASUSパソコンおすすめレビュー

こちらはキーボードがタブレットのカバーのようになっていて、ノートパソコンと言うよりも「タブレットにキーボードが付いている!」という形のパソコンです。

 

機能的にはセカンドパソコンとして条件を満たしていますので安心して使えますよ。

 

デザイン、バッテリー稼働時間が長く、重量も1kg以下と持ち運びに便利です。

大きさもB5サイズぐらいなので、気軽に持ち運ぶにはピッタリの一台ですよ。

ただ、画質が荒い印象を受けます。文字を見ると荒さが目立ちますが、動画を見てる分にはさほど気にならないです。

 

2in1タイプで脱着が簡単なキーボードになっているので、キーボードを外してタブレットとしても使用可能なのが便利に使えます。

 

アプリをある程度入れたい方は容量が64GBでは少ないので、できれば128GBあったほうが安心です。

主要パソコンとしてがっつり使うと、物足りないです。ですがセカンドパソコンとして外出先で使う程度なら満足して使用できる一台。

 

安さと重量で選ぶならこの機種がおすすめ!

キーストローク(キーの沈込み)が1.5mmで、パソコンのサイズが小さい割りにキーボードは押しやすいです。

 

 

3位 HP x2 10-p000

セカンドパソコンの3位はこちら HP x2 10-p000

自由なスタイルで使える!
変幻自在のモバイル・ノートPC

 

ダイレクト価格¥52,980 (税抜)~

詳細はこちらHP Directplus -HP公式オンラインストア

OS Windows 10 home (64bit)
CPU インテル® Atom™ x5-Z8350 プロセッサー
メモリ 4GB
ディスプレイ 10.1インチ
ストレージ 64GB (eMMC)
アプリ Office Mobile
無線機能

IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2

インターフェース HDMI マイクロ出力端子×1、USB3.1×1、USB2.0 Type-C™×1 (電源オフUSBチャージ機能対応) 、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
バッテリー稼働時間 10時間30分
重量

タブレット本体:約596g、キーボード装着時:約1.07kg

 

hpパソコンのおすすめレビュー

セカンドの【ノートパソコン】としての機種としてはこちらが一番おすすめ。

キーストローク(キーの沈込み)が1.5mmと10.1インチ以下のパソコンの中では深く押しやすくなっています。

また、バッテリー稼働時間も10時間を超えるので、予備のバッテリーや充電ケーブル無しでも十分使えますよ。

パソコンを携帯するのはいいけど、バッテリーまで携帯すると荷物としてかさばるし、重くなってしまうのでバッテリーが長時間持つというのはすごく重要です。

 

Atomも速度は問題なく、インターネットを見たり、Officeでの作業、動画視聴は難なく行えますし、使い勝手のいい一台と言えるでしょう。

 

重量も1.07kgと軽いので持ち運びもすいすいですが、キーボードを外してタブレットとしても使用可能なのでタブレットだけで持ち歩くのもおすすめですね。

カメラもイン(前)とアウト(後)と両方付いているので、旅行などでの写真撮影でも便利に使えます。

 

金額も安く抑えられおすすめの一台です。

 

購入はAmazonで!HP x2 10-p000

 

管理人ユキ
CPUがAtomモデルは今無くなってきています。

また金額が安い10.1インチのタイプも少なくなっているので

もうすぐ無くなるので購入するならお早めに~

 

 

2018年おすすめセカンドPCランキングサイトはこちら

パソコン初心者におすすめしたい国産メーカー!

目安時間:約 8分

パソコンを購入するなら安価な海外メーカーより、

初心者には国産メーカーをおすすめします!

 

なぜ国産メーカーがいいのか。

国産メーカーについて

色々と解説していきます。

 

管理人ユキ
やっぱりmade in Japanが一番!だけど・・・

海外生産でも国内メーカーがおすすめ!

 

パソコンの国産メーカーってどこがあるの?

パソコン国産メーカー

  1. NEC
  2. 富士通
  3. 東芝
  4. パナソニック
  5. VAIO

 

代表的なところはこんなところでしょうか。

ではそれぞれのメーカーの特徴についてご紹介します。

管理人ユキ
どれも有名なメーカーばかりね

 

NEC

NECは1979年からパーソナルコンピュータを販売している老舗のメーカーです。

 

現在はレノボの資本が入っているので、国内最大のパソコン事業グループと言えるでしょう。

そして国内販売台数NO1。

 

NECパソコンの特徴は性能・デザイン・サポート三拍子そろったメーカー。

性能にはかなりこだわりがあるので、ディスプレイと音、パソコンを使うときの

操作性や速度に力を入れています。

 

私のおすすめとしては、初心者に配慮した充実したサポート。

121コンタクトセンターの電話サポートはちょっとしたことでも親切・丁寧に対応してくれます。

しかも購入してからずっと無料で対応!ずっと無料なのはNECだけです。

 

またNEC直販サイト、NECダイレクトでパソコンを購入することで

あんしん保証サービスという保証を最大5年間付けることも可能です。

(※そのほかの保証サービスも充実しています)

 

保証内容が充実しているというのは、日本メーカーならでは!

 

そして日本で販売されているNECのパソコンは国内生産、だから安心なのです。

 

NEC Direct割引クーポンがあるパソコン一覧はこちら

 

管理人ユキがおすすめするNECノートパソコンはこちら

 

 

富士通

富士通はNEC同様、レノボ資本の会社です。

1993年にパソコンを販売開始し、歴史の長いブランドです。

理化学研究所と共同研究でスーパーコンピュータ京の開発したメーカーでもあります。

京はTOP500というコンピューター性能ランキングで、1位(2011年6月、2011年12月)を獲得したことのあるコンピューター。

最近だとGraph500という性能ランキングで1位(2017年6月)を獲得しています。

 

つまりコンピューター開発には優れたメーカーと言えるでしょう。

そして国内販売台数2位。

 

富士通のパソコンの特徴は、初心者にも安心して使いやすい設計となっている点です。

サポートも充実していますので、親切・丁寧に対応してくれます。

 

こちらもNEC同様 国内生産をしているので安心して使えるパソコンとなっています。

 

富士通公式サイトでパソコンを確認したい方はこちら

 

管理人ユキがおすすめする富士通ノートパソコンはこちら

 

東芝

東芝は日本大手の電機メーカーです。

パソコンは1985年から販売している歴史もある会社です。

世界で初めてノートパソコンを作りました。

 

最近は色々とあって会社が危ぶまれていますが、パソコン自信は性能の良いものを作っています。

低価格で高性能のノートパソコンを作り、90年代はノートパソコンシェアNO1に輝いたこともあります。

 

また、東芝のDynabook(ノートパソコン)は耐久性がいいと評判のパソコンです。

ちなみに東芝はデスクトップパソコンを企業向け用1機種のみの販売で、個人向けには製造していません。

ノートパソコンに力を入れていて「安心の強さ」と「使いやすさ」を

コンセプトにあげ、その耐久性からメーカー保証2年をつけているモデルもあります。

(※一部シリーズのみ2年保証となります)

 

また、通常パソコンは海外へ持ち出すと保証対象外になるのですが

東芝は海外保証(制限付き)も付いています。

 

パソコン生産は中国の自社工場で行っていて、自社工場で生産することでパソコンの高い品質を維持しています。

 

東芝公式サイトでパソコンを確認したい方はこちら

 

管理人ユキがおすすめする東芝ノートパソコンはこちら

 

 

パナソニック

パナソニックはモバイルパソコンを中心としたノートパソコンを販売しているメーカーです。

デスクトップパソコンは製造していません。

画面が一番大きいものでも14インチとなっています。

 

モバイルタイプなので、持ち運びできるように軽量で耐久性に優れ、バッテリーの持ちがいい設計になっています。

落としても壊れない設計を自負しています。

一番画面が大きい14インチモデルは、ブルーレイドライブ搭載・【SSD128GB】搭載で重さ約999gと1㎏を切る軽さ!

軽いのにバッテリー稼働時間はHDDモデル約11時間、SSDモデル約14時間(HDD、SSDともにバッテリーパックS装着時)となっています。

 

どこのメーカーにも負けない軽さと、バッテリー稼働時間を誇ります。

 

そしてノートパソコンは国内生産なので安心して使用できます。

 

パナソニック公式サイトでパソコンを確認したい方はこちら

 

 

VAIO

VAIOはソニーから分離したメーカーです。

もともとソニーが開発・販売していた「VAIO」という名前のパソコンが別会社になり「VAIO株式会社」として独立しました。

 

VAIOのパソコンは1996年からの発売なので、比較的新しくパソコンを販売し始めたパソコンメーカーと言えます。

 

ただ、VAIOはほかのパソコンと比べかなりデザインや質感をこだわっていたので一時期爆発的に人気がでました。

音と映像に力を入れているソニーの開発したパソコンということもあり、パソコンも音と映像にはこだわりが詰まっています。

また、見た目が凄くおしゃれなので家庭で使うパソコンとして手に取りやすい商品となっています。

 

現在もおしゃれなパソコンが多く、他のメーカーにはない色とポップな感じが目を引きます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

国産メーカーはどのメーカーもサポート体制が充実しています。

パソコンのパーツはほぼ同じメーカーの同じものを使っているので、パソコン自体の品質はそれほど大きく変わりません。

 

ですから、どこのメーカーの商品を選択したとしても

自分に合う仕様のものを選びさえすれば失敗した!ということないでしょう。

初心者でも失敗しないパソコン選び3つのポイント

目安時間:約 6分

パソコンってどんなの機種を選べばいいの?

デスクトップ?ノートパソコン?

 

よくわからないからって、価格だけで選んでダメ!

 

パソコンを購入するために失敗しないよう

初心者にもわかりやすく、チェックするポイントをご紹介します。

 

管理人ユキ
どうパソコンを使いたいのかがポイント!

価格も大事だけど、仕様もチェックしてね

 

 

パソコンを選ぶためのポイント3つ

パソコンを選ぶために気を付けて欲しいポイントは3つ

  1. パソコンサイズ、タイプ(デスクトップタイプ・ノートタイプ)
  2. 基本性能(仕様を確認)
  3. 金額やメーカー

 

管理人ユキ
どれも自分に合ったものを

選ぶために必要なことだよ

 

パソコンサイズやタイプを選ぼう!

パソコンにはデスクトップタイプ、ノートタイプと大まかには2種類に分かれます。

その中でも細かくタイプが分かれるので下の表を確認してみよう。

 

タイプ形・サイズ選択基準
デスクトップ一体型見た目がとてもおしゃれな一体型。
メディアを横から挿入するので
左右のスペースに余裕を持たせた
方がよい。
分離型ディスプレイと本体が別になって
いるタイプ。
自分でパーツを増設できる。
本体の置き場所を机の下や
ディスプレイ横など場所が
選べるのが便利。
ノート通常サイズ15.6インチのノートパソコン。
ドライブも搭載されているので、
デスクトップパソコンとほぼ
同じことができる。
また、持ち運びも可能。
モバイルサイズ13.3インチ以下のノートパソコン。
画面が小さいので、セカンドPC
として使うことが多く、また
ドライブが無く、軽くて持ち
運びに便利。

 

初心者は15.6インチのノートパソコンがお勧め。

デスクトップパソコンより場所も取らないし、移動もできるので便利。

 

3Dゲームや画像処理など高性能を求める方は、デスクトップパソコン分離型

パソコンは移動しない、家でテレビや、録画した映像の編集をしたい方は、デスクトップパソコン一体型

よく使うパソコンをすでに持っていて、外出するときにファイルを編集したい!という方はモバイルノートパソコン

 

基本性能をチェックし、使い方に合ったものを選んでみよう

基本性能について詳しくはこちらパソコンの仕様を理解しよう!~性能・機能について~

 

チェック項目

①CPU

②メモリ

③内臓ストレージ

④ドライブ

⑤Officeアプリの有り・無し。

 

パソコンで何をしたいかによって、どれくらいのスペックが必要か変わります。

初心者向けとしてはこのスペックで問題なし。

 

CPU インテル(R) Celeron(R)
メモリ 4GB
内臓ストレージ 500GB
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ソフト Office(word、Excel)プリインストール

 

 

ちなみにOS(windows)は、どの機種を選んでも現行機種はすべて

windows10になるのであまり気にしなくてよいでしょう。

 

金額やメーカーを選ぶ。予算も考えて。

 

メーカーのおすすめは?

ハッキリいってどこのメーカーのものを選んでも、パソコンは仕様で性能が変わるので

同じ仕様ならメーカーで良い・悪いはありません。

メーカーを選ぶポイント何を重視するのか!ということ

 

あなたの重視したい項目はどれですか?

★サポートなどの安心

★価格(安さ)

★生産国

 

サポートを重視したい方は安心の日本メーカーがおすすめ!

NEC、富士通、東芝など

 

高性能で低価格を求めるなら海外メーカーがおすすめ!

Dell(デル)、ASUS(エイスース)、Acer(エイサー)、hpなど

 

Made in Japanにこだわりたい方は。

NEC、富士通などが国内生産

海外メーカーの中でもhpは東京で生産しているので国内生産

になります。

 

以上のことを踏まえて、初心者にはこちらがおすすめ

管理人おすすめのノートパソコン

 

デスクトップを購入したい方はこちら

管理人おすすめのデスクトップパソコン

 

ゲームパソコンが購入したい方はこちら

ゲームPC販売店ランキング

 

管理人ユキ
いかがでしたか?

あなたが気になった項目はどれですか?

パソコンは高い買い物なので、失敗したくないですよね。

きちんと自分に合ったものを見極めて満足のいく

買い物ができるといいですね!

管理人

管理人ユキ

パソコン販売歴10年。
様々なメーカーのパソコンを取り扱い、その経験からパソコンおすすめを紹介。
難しいパソコンの購入を、わかりやすく、迷わないようご案内します。
詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
最近の投稿
応援お願いします!
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ